2011年11月7日月曜日

TPP=?iso-2022-jp?B?GyRCTGRCahsoQg==?=

TPPは経済的なプラスマイナスで論じられる傾向があります。最近では反対論から生活の問題と主張されるようになりましたが、関税自主権だけでなく、政治支配の問題と捉える視点は斬新でした。日米構造協議、構造改革と一貫した米国の狙いとの歴史的視点も、目の前の問題に心を奪われがちな日本社会で強調される価値があると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿