2011年11月7日月曜日

TPP=?iso-2022-jp?B?GyRCJTclcyVdJTglJiVgGyhC?=

竹原。この国がやりそうなことである。官僚は国民を利用するために法律を作る。略奪国家のやり方
山崎。報道ビザで渡米。911の真実を語っていたら、アメリカに拘禁された。
高橋清隆。民主主義のもどかしさ。選挙があっても目指す結果とはかけ離れている。
天野。ファイナンシャル・プランナー。日本はアメリカになるんだなあと感じた。具体的には医療で、米国の民間保険会社が進出する。政府が負担を減らせば、米国の保険会社がカバーする。人間の生活が金銭の対象になる。日本はアメリカの植民地なので、アメリカよりひどくなる。
ジェイ。ヒップホップ。社会のために個人があるという全体主義。アメリカのルールを日本に飲ませることはニューワールドオーダーそのもの。右よりの軍事的な全体主義。
高橋。農地の流動化。国を越えた集団から指示がでているのか。
安部。市場原理主義が地球上を覆っているカルト主義。全ての規制を取っ払って企業に任せることで、企業が利益を得る。国という機関を利用して、あらゆる人間から搾取する。
山崎。収奪システムとしての国家。国家を乗っ取って収奪する寄生虫のような人間がいる。最終的な受益者は誰か。日本はアメリカにやられっぱなし。tppで日本の主張が通ると考えることは夢物語である。マスメディアが真っ先に狙われる。外国人の持ち株比率の撤廃を求められる。
アメリカのシンクタンクは中国と周辺国を戦争させる提言をしている。
http://hayariki.net/
アメリカでは刑務所ビジネスが跋扈している。企業が利益をあげている。国民が政治家に働きかけるようになった。

0 件のコメント:

コメントを投稿