2011年11月13日日曜日

巨人の内紛はTPPの目くらましか

巨人のゼネラルマネージャーの記者会見は注目したが、蓋を空けてみると大したことはなかった。球団が渡辺商店であることは大いに非難されることであるが、読売ジャイアンツの経営陣ならば分かり切っていたことで、今更告発する話でもない。だからTPPの目くらましではないかとも指摘される。
救いがあるとすれば、これまではホリエモンのようにアウトサイダーがスケープゴートにされ、権力側には目くらましと邪魔者の排除の一石二鳥の効果があった。今回が仕込みならば、体制側は身を切っていることになる。冤罪事件を捏造するほどの余裕はなくなり、自爆テロを余儀なくされるほどは追い詰められていることになる。ささやかではあるが、市民側の一歩前進になる。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿