2011年11月26日土曜日

住民の意見を反映しない二子玉川ライズ

(3) 住民の意見を反映させるために必要な措置をとったとは言えない。

本件事業の場合、甲92号証の公聴会議事録、甲93号証の平成12年の計画縦覧についての反対意見には、本件訴訟で控訴人らが主張している数々の権利侵害や、住環境の悪化問題、公金支出の違法、不当性についての指摘がなされている。これに対し、行政はなんらの合理的説明もなしえていないし、利害調整のために計画内容にその意見を反映する努力をしていない。
http://hayariki.zero-yen.com/futako
このような実態で行われた手続きは、形式的には「公聴会」であっても、16条の定める「住民の意見を反映させるために必要な措置」を講じたということはできない。同じく計画縦覧や意見書提出を形式的に行っていても、同法17条に定める手続き規定を遵守したと評価することはできない。

0 件のコメント:

コメントを投稿