2011年11月17日木曜日

法務局乙号事務の市場化に抗議

民事法務労働組合が法務省や弁護士会館前など各所で法務局乙号事務の市場化テストへの抗議行動を実施し、民事法務協会職員の窮状を訴えた。法務局乙号事務「不動産・商業法人登記の証明書を発行する窓口業務」の市場化テストによる入札によって、長年法務業務に従事していた熟練労働者が解雇され、低賃金非正規労働者に入れ替えられている。四年間で1400人が失職した。法務省は失業とワーキングプアを作るなと訴える。
利用者である国民にも弊害が出ていると主張する。業務研修をきちんと行っていない企業が多く、窓口や業務に支障を来しているとする。残業代の不支払いや自社の証明書の不正取得など法を守らない企業が法務局の業務を担っていると告発する。「国民の財産に関係する仕事を民間に委ねていいのか」と問題提起する。
法務省は民事法務協会職員の雇用について責任をとり、団体交渉に応じること。法務省は不正・違法行為を行っている落札企業との契約は解除し、入札参加を取り消すこと。法務省は法務局乙号事務を市場化テスト、競争入札から除外すること。入札するとしても知識や経験などの質を重視し、賃金など適正な労働条件を確保、雇用継承を行うことを要求する。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿