2011年11月21日月曜日

二子玉川再開発の公共性を問う

シンポジウムでは3名のパネラーから発表がなされた。

最初は岩見良太郎・埼玉大学教授の「二子玉川再開発の公共性を問う」である。岩見氏は「摩訶不思議な開発がまかり通っている。住民の常識に反する」と二子玉川ライズの実態を批判する。

都市計画は公共性がなければできない。都市計画法にも都市再開発法でも「都市の健全な発展」「健全な高度利用」と「健全」が目的に掲げられている。二子玉川ライズは健全な発展と言えるか。不動産資本が儲けることを後押しするものが都市計画という風潮がバブル期に出てきた。当時生まれたものが再開発地区計画とスーパー堤防である。再開発地区計画は青天井の規制緩和、究極の規制緩和になる。2つとも二子玉川を襲っている。

公共性の矛盾は再開発地区計画に凝縮している。二子玉川ライズは容積率が2.2倍に緩和された。風致地区は再開発地区計画で無視される。それに見合う環境改善はなされていない。
http://www.hayariki.net/futako/111119sympo.html
その上で「大規模開発は反街づくりである」と問題提起した。大規模という規模の問題が公共性を破壊する。「大規模な開発は公共性と両立しない。巨大マンションでコミュニティーとの関係を作ることは無理なのではないか。イギリスでは都市再生の名目で、減築している。二子玉川ライズのメンテナンスは大きな負担である。持続不可能と考える」と主張した。

住民参加も巨大開発になると参加しようがない。小さなまちづくりを重ねて、暮らしと対話していく。古代ギリシャのアテネ市民は「私達は、この都市を私達が引き継いだ時よりも損なうことなく、より偉大に、より良く、そして美しくして次世代に残します」と宣言した。住民運動に参画する住民はアテネ市民の精神を共有している。(林田力)

0 件のコメント:

コメントを投稿