2011年11月8日火曜日

勉強会

真相は東日本大震災を契機に生まれたメールマガジンで、竹原信一ブログ市長へのインタビューやカダフィ大佐の追悼記事など他のメディアとは異なる視点を特色とする。
残念な点は第一部に時間が割かれ、第二部の時間が少なくなり、パネラー同士や会場とのディスカッションが不十分であったことである。特に阿久根市長として地方の疲弊した実態を体感している竹原氏の話を聞きたいところである。一方でTPP反対は新たな害悪への反対であって、反対を貫徹したとしても今の日本の抱える問題を解決するものではない。日本の現状を問題視して改革を志向した竹原氏にとっては反対だけでは物足りなさがあったかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿