2011年10月30日日曜日

樺太犬リキ南極物語

日本頑張れ、日本は負けていないの強調には辟易させられる。東日本大震災・福島第一原発事故後の言論空間を連想して気持ち悪い。まだ見ぬ大陸に日本の旗を立てるというセリフには植民地主義の香りさえする。
しかし、北海道で犬探しする頃から面白くなった。広大な北海道の風景は気持ちを高揚させる。自分探しで探検隊に加わった大学院生の存在がドラマを引き立たせる。日本に夢を与える的な話よりも個人の物語こそドラマがある。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿