2011年10月27日木曜日

多摩地域の放射能・下水焼却灰

東京都下水道局は多摩地域の七カ所の下水焼却灰を報告した。一万7ベクレルの濃度を明らかにした。斉藤信行江東区議は多摩地域現地での処理を求めた。文部科学省の測定でも多摩地域は比較的高い放射能の数値が出ている。国の責任で発生地処理で解決すべきと主張する。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿