2011年10月10日月曜日

茶杓・消えた伊達家老

茶杓は江戸時代の仙台藩の家老の息子を主人公とした歴史小説である。仙台藩は伊達政宗というカリスマ性ある戦国大名を藩祖とする大藩であるため、政宗没後は権力闘争が絶えなかった。その一断面を描いている。権力や出世の虚しさが浮き彫りになる。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿