2011年10月2日日曜日

天狗の剣

天狗の剣は幕末の会津藩士を主人公とした歴史小説である。京都守護職始末との副題があるものの、幕末の政治の動きは描かれない。父と子の物語である。この点で会津藩の忠義やボシン戦争の悲劇を期待する向きには肩透かしになる。しかし、激動の幕末でも誰もが天下国家を論じていた訳ではなく、幕末物にも父子関係に悩む個人の物語があってよい。会津藩の純朴さを描きながらも、決して美化せず、現代日本にも通じる役人の卑劣さも浮き彫りにする。
天下国家的な動きとして、本編とは独立した形で松平しゅんがくを登場させる。そこでは誰もが才能を認めながら、能力を発揮しなかった最後の将軍・一橋慶喜の限界を看破させている。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿