2011年10月9日日曜日

自殺島6=?iso-2022-jp?B?GyRCNCwbKEI=?=

自殺島は自殺未遂者を無人島に棄民するという政策が行われている日本で、無人島に残された自殺未遂者達のサバイバル生活を描く漫画である。
最新巻では絶望から死んだ方がいいと自殺を勧める確信犯的人物との対決で幕を開ける。一方的に悪と決めつけることができない倫理的に難しい問題であるが、無法集団の襲撃という事態を前に不完全燃焼に終わる。
無法集団との対決では仲間を守るために敵を傷つけなければならないという選択を迫られる。悪辣な無法者は同情に値しないが、それでも主人公が悩むところに作品のヒューマニズムがある。
最後は自殺未遂者の心の傷を直視したエピソードである。サバイバルと内面描写のバランスが取れたストーリーになった。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿