2011年9月7日水曜日

美男ですね第八話

今回は美男・美子の母親の謎やシュウと廉の告白という物語上の重要なイベントがあるが、それでもサブタイトルはチャングンソクである。韓流スターの存在感の大きさを物語る。
本人役で出演したグンソクはエイエンジェルと写真撮影に臨む。美男とベタベタするグンソクに対し、美男以外のエイエンジェルの面々は面白くない表情をする。
ファン・テギョンという当たり役を演じたグンソクをリメイク版に出演させることは大きな話題づくりになるが、作品そのものにとっては冒険である。グンソクによって廉のイケメンぶりが霞んでしまう危険がある。実際、グンソクの登場シーンはグンソクに美男、その他大勢という構図になっていた。これはイケメン揃いのエイエンジェルの中でもカリスマ性で圧倒する廉のキャラクター設定にはマイナスである。
しかし、廉も他のメンバーと同じように反応をさせることでエイエンジェルの息のあったところを示した。韓国オリジナル版ではミニョ以外のエイエンジェルのメンバーは子供の頃から一緒に活動しており、気心の知れた仲である。エピソードの端々で活動歴が長いことを描いてきた。その積み重ねがあるからこそ、ミニョをめぐる恋の争いが勃発しても、ギスギスした状態にならなかった。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿