2011年8月14日日曜日

姫たちの戦国秀吉死す

徳川家康。おかしいものをおかしいと、お諫めすることが忠義の道ではありませんか。
江。再び朝鮮と戦など秀勝様は何のために亡くなられたのじゃ。
秀忠の顔を見て、ご無礼を致しました。
http://hayariki.net/
姉様こそ、何故すぐにいらっしゃるのですか。
常軌を逸した豊臣秀吉の仕置きが人々に暗い陰を落としていた。
千姫の名前は秀忠が付ける。
江。うれしゅうございます。
秀忠。名前など呼びやすければ良いのだ。
北政所。おまえ様が始めた戦でしょうに。
江。夢など見させてたまるものですか。千姫をも手にしようとしている。私は、あなたを殺したい。
秀吉。わしはそなたのお陰で面白かったぞ。頼みがある。
江。秀頼のことなら知りませぬ。
秀吉。幸せになれ。これにて、さらばじゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿