2011年8月2日火曜日

宮崎あおいの夫が韓流批判

宮崎あおいの夫がツイッターで韓流ブームを批判して物議を醸している。大河ドラマ篤姫のヒロインとなり、演技力が絶賛された宮崎あおいであるが、ヤンキー風の夫の存在が女優イメージを下げるウィークポイントと懸念されていた。その懸念が的中した形である。
安っぽいナショナリズムに迎合した韓流批判は芸能人にとって天に唾する行為である。韓国ドラマや芸能人のプッシュで日本の芸能人の仕事が経るとの考えは近視眼的である。グッドライフや美男ですねのように韓国発の作品が日本でリメイクされている。韓流ブームは日本の芸能界にとって特需である。
http://hayariki.net/
テレビをつけると韓国ばかりで、どこの国かという状況が気に召さないようだが、グローバル化した先進諸国では外国人向け放送も当たり前である。日本のテレビ番組は日本人だけのものという発想が日本社会の後進性を示している。
鳩山由紀夫前首相は日本列島は日本人だけのものではないと述べたことがある。国民の利益を代表する政治家の発言として物議を醸したが、多民族多文化社会において自然な感覚である。

0 件のコメント:

コメントを投稿