2011年7月17日日曜日

『SKET DANCE』携帯メール依存症を風刺

『週刊少年ジャンプ』に掲載する作品で、『銀魂』と似たようなポジションにあり、何かと比較される篠原健太の『SKET DANCE』(スケット・ダンス)にも携帯メール依存を風刺するエピソードがある。携帯メールの返信があまりにも早く戻ってきたために、返信を受け取ったキャラクターが「気持ち悪い」と反応する。「すぐに返事を出さないと嫌われる」的な強迫観念のある携帯メール依存症への皮肉になっている。(林田力)
http://www.hayariki.net/tokyu/damashiuri.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿