2011年7月18日月曜日

姫たちの戦国・秀勝の遺言

秀勝。詫びるべきは秀勝を戦に駆り出した叔父上ではないか。わしは叔父上を許さぬ。
初。そなた、それでも母親か。抱くのじゃ。
江。私は死にとうございます。秀勝様のそばへ参りとうございます。気持ちがどうにもならんのです。
細川ガラシャ。私には夫はおりません。私の中に夫はいないのです。あなた自身を、お信じなさい。
江。そばに居てほしゅうございます。
茶々。私も我が子、鶴松を失った。
江。戦は、おやめください。この戦が、どれほど馬鹿馬鹿しいものか、お分かりにならないのですか。おおうつけで、ございます。
http://hayariki.net/
お気を強くお持ちください。

0 件のコメント:

コメントを投稿