2011年5月21日土曜日

林田力の羅生門

ある日の暮方の事である。林田力が、羅生門の下で雨やみを待っていた。広い門の下には、この男の外に誰もいない。唯、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、コウモリが一匹止まっている。羅生門が、朱雀大路にある以上は、林田力の外にも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二、三人はありそうなものである。それが、林田力の外には誰もいない。
http://paper.li/hayachikara/1305721818

0 件のコメント:

コメントを投稿