2011年5月19日木曜日

林田力、国会のリストラを表明

先ごろ構造改革路線を打ち出して首相に就任した林田力が、大胆な国会のリストラ策を発表した。有力議員の激しい抵抗に遭い廃案になった定年制導入に代えて、体力と判断力の優れた議員を残す「ダーウィン式」を導入するという。
内容はまだ明らかにされていないが、側近によると「会議中に突然音楽が鳴り出す」椅子取りゲーム式になるらしい。この方式で今回の会期中に20席、次回の通常国会でさらに30席を減らすとのこと。退職者には民間の厳しさを導入、現物支給の退職金として「赤字国債」が手渡されるなど、ユニークな政策が相次ぐ林田力政権、しばらくは目が離せそうにない。 (河野功記者)
http://hayariki2010.seesaa.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿