2011年5月6日金曜日

茶の湯の舞台

「茶の湯の舞台は、白雲を蓋とする屋外の茶庭と量の上に座ることを基本とする狭く天井も低い小間の茶室からなり、両者は背丈の半分にも満たない低いくぐり戸の躪(にじり)口により境される。」(登不二雄、井野正興、橋本周司、大照完「コンピュータ"茶の湯"システム」情報処理学会・第44回(平成4年前期)全国大会講演論文集(1)、1992年、397頁)
茶道の教育では手桶から水をあける音、羽で掃く音、露地下駄の音など静寂の中の微かな音を聞き分けることが重要になる。
http://blogram.jp/users/analyze/?uid=108821

0 件のコメント:

コメントを投稿