2017年7月22日土曜日

グランド・ガーラ立川不買運動を

#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #不動産投資
議論が核心的になってきたと思います。私は住宅を経済価値だけで換算することに違和感を覚えました。ある人が住宅を購入するとしたら住むためであって、売る時に高く売れるからではありません。自分が住み続けられる物件を探すべきであり、売却時の価格を第一に物件探しする風潮に違和感を覚えます。この点で経済価値だけではないとのコメントに強く同感します。
持ち家や賃貸かとなると、別の議論になります。私は日本の住宅が持ち家偏重であったと考えます。持ち家か公営住宅かの二者択一は不幸です。家を借りにくい問題があるならば、それを解消することが政治の役割であり、住宅が供給過剰の状況であることから、それは実現可能と思います。賃貸が借りにくいから分譲となると、不動産業者や住宅ローン貸し出し金融機関の金儲けに乗せられてしまいます。

グランド・ガーラ立川不買運動を優待しよう。買ってはいけないグランド・ガーラ立川。投資用マンション業界も終わりだろう。安売り合戦に突入して、淘汰の嵐が吹きまくる。
ワンルームマンションの見た目は貧民収容施設といった感じがした。FJネクストやウラタがガーラ・グランディ木場建設工事の実態を隣地住民に隠したことが、彼らの罪の意識を表している。近隣対策屋は何かがおかしいことは確かであるが、何を隠せばいいか分からないといった感じの目つきをしていた。悪徳不動産業者は罰されることが救済である。己の罪をあがなう機会が与えられたのだから。

2017年7月21日金曜日

君の名は

#君の名は #小説 #書評
大ヒット映画『君の名は』の小説版である。映像美が注目された作品のため、小説はどうかと思われたが、映画の世界に忠実である。読みながら音楽が聞こえてきそうであった。
あれだけの大ヒット作である。称賛の声は巷に溢れている。私が新たに何か言うとなると不満が多くなるが、そこはご容赦いただきたい。
映画でよく分からないとの意見が出た糸守町の避難訓練であるが、小説でも説明なしである。どうやって三葉が父親を説得したか見せ場になりそうなところである。三葉は元々、閉鎖的な糸守町が嫌で東京に出ていくことを望んでいた。父親は建設会社と癒着して町長に当選した古い村社会の象徴である。その葛藤もある筈である。二人の物語がメインだからと言って切り捨ててよいものだろうか。
もう一点指摘したいこととして、対比的に描きたいとしても、糸守町の自然と東京の高層ビル群を共に素晴らしい風景と描くのはどうだろうか。飛弾の自然に異論はない。しかし、高層ビルは住環境や景観を破壊し、街のあり方として高層化が見直されつつあり、手放しで称賛できない。瀧が建築業界志望になっている点も合わせると建築に甘いのではないか。
最後に主人公らは簡単に記憶をなくしている。自我を最大の関心事とする近代文学的な視点からはどうなのかと感じてしまう。

日本海賊TVで東急田園都市線の特急を取り上げる。消費者の価値に関する東急の見立ては、東急のバランス感覚と同じくらい問題がある。林田力は東急リバブル東急不動産から新築分譲マンションを購入したことで慣習化した残酷さに晒された。

2017年7月18日火曜日

これからのシェアハウスビジネス

#シェアハウス #書評 #賃貸不動産
『これからのシェアハウスビジネス』はシェアハウス事業を紹介する書籍である。本書は冒頭で、これからはシェアハウスの時代と述べる(1頁)。私は江東区議会に空き家をシェアハウスなどに有効活用することを求める陳情を提出しており、本書のスタンスに共感する。
シェアハウスの利点として、私が学ばされた指摘はキッチンである(25頁)。ワンルームマンションのキッチンは貧弱であるが、シェアハウスのキッチンならば住宅サイズで設備も機能も充実している。シェアハウスは住環境だけでなく、食生活も改善する。
本書は他にもワンルームマンションと比べたシェアハウスの優位性を指摘する。シェアハウスは厨房や洗面所、風呂などの工事費がかさむ設備機能を集中できる。玄関ドアや水道、ガス、電気の検診メーターの数も減る。このために工事費は減る(32頁)。ここからは、むしろワンルームマンションが資源の無駄遣いと感じた。
シェアハウスは夢のある話だけではない。貧困ビジネスがシェアハウスを悪用して社会問題になった。本書は貧困ビジネスの問題にも触れている。

The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B06XZ1N4B6/

生活保守について質問があります。生活保守という言葉は現代人にとって新鮮ですが、この言葉が生まれたバブル経済期ではネガティブな文脈で使われていました。生活保守を掲げることの悪影響はありませんか?
生活保守は社会変革よりも自分の生活を重視すると説明されます。これはハイエク的な新自由主義と親和性があるように思えますが、如何でしょうか?

2017年7月17日月曜日

東急不動産だまし売り裁判と東急バス

#東急不動産だまし売り裁判 #消費者契約法 #マンション
東急リバブル東急不動産は客の方を向かずに、己の都合を振りかざして利益中心で活動している。ファンになったら力強く支えてくれて離れないということに気付かない。逆に客に喧嘩を売るからネガキャンされる。不動産業界の自衛と自浄アピール団体の表面的な対応にウンザリする。

林田力 東急不動産だまし売り裁判
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/
東急不動産だまし売り裁判—こうして勝った
http://hayariki.zero-yen.com/
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/

林田力『東急不動産だまし売り裁判と東急バス』(枕石堂)は東急バスの問題を特集する。東急バス株式会社の路線バス(等々力線)が、ひき逃げが疑われる交通事故を起こした。東急バスが東京都世田谷区池尻で2017年6月2日午後7時頃に男性と接触し、負傷させた。ところが、東急バスは走り過ぎた。被害者男性は横断歩道で倒れている状態であった。頭などの骨を折る重症であった。
警視庁は目撃情報などからひき逃げ事件として捜査を開始した。現場付近を走行していた東急バスの左側後方に接触痕が発見された。
東急バスは2017年6月3日付で「弊社路線バス事故に関するお詫び」をWebサイトに掲載したが、不誠実である。交通事故が起きたことを報告するが、東急バスが事故を通報しなかった事実を説明していない。救護措置義務を果たしていない。
東急バスは「お詫び」で「歩道から車道へ倒れ込んだ男性とバスの左側面部が接触し負傷」とし、自社の責任を少なくするための説明には余念がない。保身がみえみえの表現である。
都合の良い事実は説明するが、不都合な事実を説明しないならば、東急不動産消費者契約法違反訴訟と同じである。
東急バスは2007年7月29日、渋谷駅西口バスターミナルで、70歳代の女性をひいた。女性は頭などを打ち間もなく死亡した。運転手は「他のバスからクラクションを鳴らされるまで(衝突したことは)わからなかった」と話す。東急バスには事故に気づかない体質があるのではないか。
東急バスは2008年2月2日にも死亡事故を起こしている。世田谷区池尻の国道246号交差点でバイクと衝突し、バイクの運転者は全身を強く打って死亡した。
東急バスは2015年1月9日には大田区山王の池上通りで信号の柱に衝突し、複数の乗客を負傷させた。信号機やガードレール、信号機器を破壊した。

【書名】東急不動産だまし売り裁判と東急バス/トウキュウフドウサンダマシウリサイバントトウキュウバス/The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and TOKYU Bus
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation. Hayashida Riki is the author of "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud: How to Win" and "The Opposition Movement against FUTAKOTAMAGAWA Rise."
【出版社】枕石堂/マクライシドウ/Makuraishido
【既刊】『二子玉川ライズ反対運動』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『何故、空き家活用か』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『ブラック企業・ブラック士業』『貧困ビジネスと東京都』『FJネクスト迷惑電話』『FJネクスト不買運動』など。

東急バスが世田谷区池尻でひき逃げか
東急バス・東急電鉄の騒音
東急バスが渋谷で死亡事故
東急バス運転手が乗客を恫喝
東急バス運転手が病院恐喝未遂で逮捕
日本海賊TVで東急バス交通事故
東急田園都市線で発煙
ブランズ二子玉川テラスは研究所跡地
ブランズ二子玉川テラスの住環境破壊
『東急不動産だまし売り裁判37ブランズシティ久が原伐採』
『東急不買運動と日本海賊TV』
ジョイフルインベストFJネクスト迷惑電話
グランド・ガーラ白金高輪�不買運動
立正佼成会附属佼成病院裁判
立正佼成会附属佼成病院裁判控訴審判決言い渡し
大津ひろ子ポスターと誤認混同
日本海賊TVで立正佼成会関係都議の話題
山さんの選挙ウォッチで東京都議選
東京都政 この人に聞く
共謀罪の現実と行動
希望のまち東京in東部市民カフェ第147回「働き方改革」
希望のまち東京in東部市民カフェ第148回「どうする?どうなる?東京都議選」
「どうする?どうなる?東京都議選」評
希望のまち東京in東部市民カフェ第149回「加計学園問題と私利私欲」
希望のまち東京in東部市民カフェ第150回「新自由主義」
希望のまち東京in東部市民カフェ第151回「都議選争点・開発・国際金融都市」
希望のまち東京in東部市民カフェ第152回「ハイエク」
希望のまち東京in東部市民カフェ第153回「都議選結果」
東芝問題のその後と、半導体業界の働き方
働き方改革
ハイエクと柄谷行人
平将門と新自由主義

[FJネクスト迷惑勧誘電話]
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Version Kindle
https://www.amazon.es/dp/B06XVXM8YH/
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.co.in/dp/B06XVXM8YH/
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.nl/dp/B06XVXM8YH/

2017年7月13日木曜日

日本海賊テレビで東急田園都市線の発煙

#東急不動産だまし売り裁判 #消費者契約法 #マンション
日本海賊TVで東急田園都市線の発煙を取り上げた。東急はケチ急と呼ばれている。番組では世田谷区が要望を出しても、東急は何らの改善もしないと指摘された。東急電鉄はJR北海道化しているのではないか。それには異論がある。JR北海道は資金難であるが、東急電鉄はそうではない。

東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話は消費者の犠牲の上に存在する。そのような利益に意味はない。マンションへの支出を株式市場や他の業界へ回すだけで日本経済は復活する。就業者も流れる訳だから、今問題になりつつある人手不足も解消できる。このような国内産業のスクラップ&ビルドという発想が政治家や官僚には浮かばないだろう。

ブランズ二子玉川テラスは研究所跡地
東急不動産の新築分譲マンション「ブランズ二子玉川テラス」(東京都世田谷区玉川)は乙卯研究所(いつうけんきゅうじょ)跡地に建設される。このために土壌汚染が気になるところである。
http://www.hayariki.net/futako/shitateru2.html

東急不買運動と日本海賊TV (林田力) Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B071G1QZH2/
Boycott TOKYU and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B071G1QZH2/
[FJネクスト迷惑勧誘電話]
東京外郭環状道路陳述 (林田力) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B06XQTKM1D
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B06XQTKM1D/

2017年7月10日月曜日

銀魂69巻

#銀魂 #マンガ #漫画
銀魂の第69巻は、若い頃のお登勢、泥水次郎長、辰五郎が表紙である。背表紙は辰五郎である。かぶき町四天王編のキャラクターが再登場する。最近の銀魂はバトルに次ぐバトルである。正直なところ、最終回に向けた引き延ばしという感覚であったが、次郎長親子の登場は面白い。かぶき町四天王編は読ませる話であった。仁義を貫く姿は魅力的である。今回の再登場でも仁義を貫こうとしている。

林田力 東急不動産だまし売り裁判
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/
東急不動産だまし売り裁判—こうして勝った
http://hayariki.zero-yen.com/
FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
[FJネクスト迷惑勧誘電話]
東京外郭環状道路陳述 (林田力) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B06XQTKM1D
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B06XQTKM1D/

2017年7月9日日曜日

ブランズ二子玉川テラスの住環境破壊

ブランズ二子玉川テラスは住環境を破壊する。都市部の希少な樹木が伐採されコンクリート建造物になっていく。これは心が傷む。大田区鵜の木のブランズシティ久が原や江東区東陽のガーラ・グランディ木場と同じ問題である。住環境は住民にとって宇宙である。

購入検討者にとっては国道246号と接している点がマイナスポイントである。窓を開けたら、246の車の音がうるさいだろう。駅まで平坦でない点も辛い。

二子玉川ライズ問題を思い出そう。二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)は住環境を破壊する再開発である。ビル風が酷い。東急電鉄・東急不動産の金儲け優先で地域住民を無視している。東急不動産は二子玉川ライズで住環境を破壊した。今の二子玉川は気持ち悪い面がある。遊園地や映画館があった時の方が落ち着く。

二子玉川ライズ タワー&レジデンスは引渡し時に内装や植栽がイメージ写真とあまりに違うために批判された。二子玉川ライズは飛び降り自殺やアダルトビデオ撮影が起きて不吉である(林田力『二子玉川ライズ反対運動7』「二子玉川ライズAV撮影と盛り場の危うさ」)。二子玉川ライズ内のスターバックス(スターバックス二子玉川ライズ・ドッグウッドプラザ店)では反社会的勢力風の人間による福袋買い占め事件が起きた。

二子玉川ライズでは悪臭公害も問題になった。ファーストフード店から出る油料理の排気が周囲に充満する。特に夏場は熱風と悪臭が混ざり、通行人から気持ち悪くなるとの声が出たほどである(林田力『二子玉川ライズ反対運動』「二子玉川ライズの悪臭公害」)。

悪臭が熱い息が吐き出されたように襲いかかってくる。さながら敗残兵のような臭いである。いるはずのない動物が出すような悪臭。全く掃除をしていないトイレ、何日も残される嘔吐物、腐りかけた樹脂合板の臭い。二子玉川ライズは住民の良い空気を奪っている。

東急グループは不誠実な体質を抱えている(林田力『二子玉川ライズ反対運動3』「東急グループの不誠実な体質」)。悪臭をどうこうする気などない。悪臭がたちのぼろうが、それらが混ざりあおうがおかまいなし。
http://www.hayariki.net/futako/shitateru2.html
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV (Hayashida Riki) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B06XVXM8YH/