2017年6月24日土曜日

築地市場・豊洲市場

小池百合子東京都知事が豊洲市場移転問題に結論を出した。東京都の小池百合子知事は20日、記者会見し、豊洲市場を活用しつつ築地市場を再開発する基本方針を表明した。「築地は守る、豊洲は生かす」と強調し、豊洲は機能を強化して「総合物流拠点」とし、築地は「5年をめどに食のテーマパーク機能を持つ一大拠点に再開発する」と説明した。
豊洲移転としつつ、築地に戻る含みを持たせたことは開発政策の転換の可能性を含むものと評価する。これまでの開発は元からの住民を追い出すものであった。ダム建設が典型である。東急電鉄や東急不動産中心の再開発・二子玉川ライズも同じである。東急大井町線高架下立ち退きも同じである。老朽化や耐震工事など建て替えを行う理由はあるが、これまでの開発は、その名目で住民を追い出し、建築不動産業者の金儲けをしていたことである。築地に戻るという理念を出したことは、スクラップアンドビルドの開発政策を転換する可能性を持つ。
現実の中央卸売市場問題としては豊洲も築地もは賛成反対の双方から批判が出る。移転推進派からすれば豊洲は仮住まいとなり、豊洲に失礼な話と言うだろう。
移転反対派からすれば将来の築地に戻る話は空手形と思うだろう。そもそも移転反対の大きな動機は中小業者に移転する体力がない点にある。二度の移転はとんでもないという話になるだろう。この点が築地問題の特殊性である。結局、中小零細業者が存続できるようにすべきかが問題の本質である。元々、土壌汚染でさえ、移転反対の業者にとっては本質的な動機ではない。

2017年6月21日水曜日

東急不動産だまし売り裁判

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #東急不買
買ってはいけないブランズ明石町。ブランズ明石町不買運動を優待しよう。東急リバブル東急不動産は人として信用してよい相手ではない。東急リバブル東急不動産には本来あるはずの何かが欠けている。
マンションだまし売りはトラップである。東急不動産だまし売りは耐え難く、猛烈な怒りに襲われる。消費者はパニックのあまり、悪寒が走った。全身が凍りつき、自分の心の扉が閉まっていくのが分かった。
東急不動産だまし売り裁判には長年取り組み、長年練り上げてきたことが実る満足感がある。
東急不動産不買運動が人に与える力の何と不思議なことか。「たまにマンションだまし売りがある」ではなく、一生に一度あるかないかの買い物でマンションだまし売りである。東急リバブル東急不動産を使いたくなるわけがない。悪徳不動産営業は何かが終わるまでは、自分がどれほど終わりに近づいているのか分からない。

2017年6月18日日曜日

ブランズ二子玉川テラス不買運動

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #二子玉川
ブランズ二子玉川テラスは失敗の声がある。経営陣は戦後高度成長期、その後のバブル感覚のままでいる。もう新しいことをし続けないと死んでしまうマグロのような企業である。高圧的な態度に出て、無駄なトラブルを起こしている。
東急不動産だまし売りはムズムズ、カリカリ、イライラ、それら全てを寄せ集めた存在である。悪徳不動産営業は反省しない。自己憐びんと自己肯定の間を行きつ戻りつするだけである。東急不動産だまし売り裁判は東急不動産社員が全員真摯に受け止め、肝に銘じていかないといけない。
二子玉川ライズ問題を思いだそう。二子玉川ライズはアダルトビデオ撮影や福袋買い占め事件など再開発で風俗が悪化した。二子玉川ライズは住環境を破壊する。住まいは住民にとって宇宙である。二子玉川ライズは悪臭問題も起きた。さながら敗残兵のような臭いである。

週刊ポストが大津ひろ子都議と立正コウセイ会の関係を報じた。立正コウセイ会は大津都議を支援したことがあるとする。大津都議は否定しているが、記事は大津都議の回答から大津都議が立正コウセイ会の内情に詳しいと判断している。

[FJネクスト迷惑勧誘電話]
東京外郭環状道路陳述 (林田力) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B06XQTKM1D
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.de/dp/B06XQTKM1D/
Statement against Tokyo Outer Ring Road (Hayashida Riki ) (Japanese Edition) Format Kindle
https://www.amazon.fr/dp/B06XQTKM1D/

2017年6月17日土曜日

上田令子都政報告会

上田令子都政報告会が東京都江戸川区のタワーホール船堀で開催された。
若狭勝衆議院議員が挨拶した。都民ファーストの会の名前はファーストペンギンから来ているのではないか。加計学園問題など誤魔化してウヤムヤにしようとしている。それは危険である。危機意識を持っているからこそ、都民ファーストが頑張らなければならない。都民ファーストの会は情報公開を公約に掲げる。都民ファーストの会だから安倍一強の政治と対峙できる。汗水垂らして働く人が馬鹿をみてはならない。
松本和光市長からはメッセージが寄せられた。
上田都議は江戸川区で組織をバックとしない予定候補である。会社員時代にはマタハラを受けた。
江戸川では区議の一族の所有地にコミュニティー会館を建てさせた。それを追及して止めさせた。確かな野党も、この問題は取り上げなかった。
小池百合子知事。上田都議は鋭い質問ばかりである。空き家を保育士の住居として提供する仕組みを組み立て中である。女性議員のリーダーになって欲しい。
会場からは令子コールや百合子コールがわき起こった。

2017年6月15日木曜日

どうする、どうなる東京都議選

#都議選 #都議会議員選挙 #江東区
希望のまち東京in東部市民カフェ「どうする、どうなる東京都議選」で最も印象に残った話は、派遣会社が労働組合や職業訓練所の代替になっているとの指摘である。派遣会社には使用者としての一定の責任を負っており、ブラック企業に直接雇用されることに比べて、まともな職場環境が期待される。派遣会社では教育もしており、スキルを身に付けることができる。
これはワーキングプアや非正規格差などの労働問題に関心を抱く人々には大きな衝撃だろう。ワーキングプアのためにと唱える労働運動は非正規雇用を目の敵にする傾向があるが、必ずしも当事者達の思いに応えたものではないかもしれない。非正規の問題に目を向ける労組の方が、そうでない労組よりも先進的というイメージがあるが、実は自分達の職場が非正規に置き換わることを阻止しようという既得権擁護の発想があるかもしれない。
難しいところは同じ事実を見たとしても解決策に断絶があることである。派遣会社が労働組合や職業訓練所を代替する面があるならば、それを全否定するのではなく、そのプラス面を活かし、マイナス面を減らす方向に誘導しようという考えが成り立つ。ところが、派遣会社が存在しなかった過去を前提とすると、そのようには考えない。派遣会社が労働組合や職業訓練所を代替する面があるのは、労働組合や公的な職業訓練所が弱体化したためである。だから、労働組合や公的な職業訓練所を強化して派遣会社を不要にすることを目指そうとなる。
求めるものは働きやすい労働環境である。目的を実現するためには様々な選択肢がある。労働者は労働組合運動を通じてのみ労働条件の改善を獲得できるというように手段を限定するならば偏狭である。手段と目的を取り違えてはならない。
6月24日の市民カフェで続きを議論する。今度は開発問題や国際金融都市を焦点とする。ビットコインを購入した経験のある投資家も招いて、金融が消費生活に及ぼす最前線の実態も明らかにする。

ガーラ・シティ新丸子駅前不買運動

#マンション投資 #迷惑電話 #FJネクスト不買運動
悪質なマンション投資の迷惑勧誘電話は企業名を押さえて国民生活センターなどに情報提供しよう。提供された被害情報は記録され、悪徳不動産業者の追及に利用される。あなたの情報提供が役に立つ。
ガーラ・シティ新丸子駅前を買ってはいけない。ガーラ・シティ新丸子駅前不買運動を優待しよう。FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト迷惑電話は、すっかり嫌われ者になっている。FJネクストは旅館業にも進出しているが、会社の体質のために別の業界に進出しても俺様ルールで嫌われていくだろう。会社が存続できるか良く考えればわかる。終わりの始まりではない。終わっている。

日本海賊TVの山さんの選挙ウォッチでは東京都議会議員選挙情勢を話した。

私は共謀罪以前に共謀共同正犯という行為者ではない人物が正犯として罰される司法実務が問題と考える。故に単に新しい法律にばかり反対する左派市民運動の傾向には疑問を抱いている。それは個別的な現実の問題に対応できない。それ故に未必の故意の共謀共同正犯の刑事訴訟を闘う人物の言には耳を傾ける価値がある。
他にも興味深い点が二点ある。第一に野党共闘に批判的なことである。今や野党共闘は民進と共産の枢軸を目指しているが、それを悪手という。現実に野党共闘は普通の現役世代の問題意識から離れているところがある。昭和の五五年体制を懐かしむ古い左翼革新ではない人の言葉には重みがある。
第二に戦後の総評中心の労働運動に批判的なことである。陰謀史観は是非があるが、総評から連合への流れを堕落と見る左派運動家が多い中でユニークな視点である。戦後の歴史について解説番組を作ると面白いのではないか。

2017年6月12日月曜日

東急不動産だまし売りは騎士団長殺しよりも

#東急不動産だまし売り裁判 #東急不買運動 #FJネクスト不買運動
東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話は騎士団長殺しよりも悪質である。東急不動産からのマンション購入は、ぬかるみにつまづいて指を骨折するようなものである。
迷惑勧誘電話は嫌がらせもいいところである。まるでストーカーである。忍耐力がすりつぶされてゼロになってしまっても不思議ではない。
悪徳不動産業者は、どこを見ても悪意だらけである。そこら中に嫌な奴ばかり。退屈し出すとイジメが始まる。悪徳不動産業者は何をしでかすか分かったものではない。被害者への気遣いと悪徳不動産業者への憎悪で気持ちが揺れる。