2018年2月25日日曜日

邪馬台国の全解決

裁判官は選ぶことができません。

邪馬台国の全解決は、80年代に出版した書籍を再構成したものである。本書には邪馬台国と女王国の使い分けのように当時は画期的であったとしても、今となったら当たり前の内容もある。それでも本書の内容には驚きがある。卑弥呼はロマンチックな話に感じるが、生々しい政治の動きがあった。
中国の歴史書は単に外国事情を観察したものではない。これは考えてみれば当然であるが、日本史にだけ関心を持っていると忘れがちである。中国も歴史の当事者である。
邪馬台国問題の一番深いところは大和朝廷との連続性をどう考えるかである。そこがあるから、一大率を大宰府のようなイメージで解釈したくなる。それに比べると本書は大和朝廷に囚われず、中国の史書から邪馬台国を理解しようとしている。それでいて日本の伝承を無視しておらず、最後には驚きの指摘がある。

2018年2月21日水曜日

SFの電子本

『マリーアントワネットの料理人』ではマリーアントワネットは民衆の暮らしを考える人物として描かれる。悪名高い台詞「パンがなければお菓子を」もパン不足への現実的な解決策として発言されたものである。問題は当時のフランスではパンの価格も品種も政府の統制に置かれていたことである。庶民向けに廉価なパンを販売したくても、できなかった。食料不足に対して政府の積極的な市場介入を求める向きが一般であるが、逆に政府の市場介入が物不足を助長している。現場の需要に現場レベルで応えられる市場原理を大切にしたい。

【書名】SF/エスエフ
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー』
『百億の昼と千億の夜』
『虚無回廊』
『チベットのラッパ犬』シーナ・ワールド全開のSF
『不思議の国の「みなみ」 宇宙へつながる秘密基地』
『スター・ウォーズ 統合』ヴォングとの戦いが完結
『2010年宇宙の旅』
『ミラー衛星衝突』上巻、身体的ハンディのある主人公
『ミラー衛星衝突』下巻、ニックネームの奥深さ
『外交特例』
『大尉の盟約』
『宇宙船ビーグル号の冒険』
『銀河おさわがせ執事』ドタバタSFコメディ
『天空の標的2 惑星ラランド2降下作戦』
『星の涯の空』
『凍りついた空 エウロパ2113』
『連環宇宙』ハイエナ資本主義を連想
『問う者、答える者』
『人という怪物』
『ラットランナーズ』
『青玉は光り輝く』
『比類なき翠玉』
『時が新しかったころ』
銀河英雄伝説
『銀河英雄伝説 2 野望篇』
『銀河英雄伝説 3 雌伏篇』
『銀河英雄伝説外伝5 黄金の翼』ラインハルトの原点
『銀河英雄伝説 英雄たちの肖像』
藤崎竜『銀河英雄伝説』
『銀河英雄伝説〜新たなる潮流(エーリッヒ・ヴァレンシュタイン伝)』
『IF物語 ベルセルク編 銀河英雄伝説〜新たなる潮流(エーリッヒ・ヴァレンシュタイン伝)』
『銀河英雄伝説 エル・ファシルの逃亡者』
『銀河英雄伝説〜生まれ変わりのアレス〜』
『ほしのかえりみち』
黒猫「地球へ……」
『ブレーメンII』
『小煌女』
『GANTZ』第30巻、人類の立場が逆転
『GANTZ』第32巻、映像作品のようなテンポの速さ
コードギアスR2第5話衝撃の結末
コードギアスに見る日本人の弱さ
世界に反逆する主人公『コードギアスR2』最終回
『新世紀エヴァンゲリオン』
『碇シンジ育成計画 第12巻』碇ゲンドウの活躍
『エア・ギア』第31巻、ゴスロリ女装男子の絆
『エア・ギア』第32巻、努力と友情の力で天才に勝利
『エア・ギア』第35巻、上空よりも大地に価値を見出す
『エア・ギア』第36巻

2018年2月19日月曜日

宮部みゆき・荒神

宮部みゆき『荒神』は元禄年間の東北を舞台とした怪獣物である。NHKが内田有紀主演でドラマを放送した。怪物によって村が壊滅した。隣り合う藩の長年の対立、人の怨念が描かれる。
平和な時代に怪物が襲ってくる展開はゴジラを連想する。最初は正体不明であること、会議のシーンが多いことは『シン・ゴジラ』と重なる。しかし、人間が総力を挙げて怪物と対峙する『シン・ゴジラ』と比べると、本書は本当に恐ろしいものは人間というホラー作品の王道に沿っている。ホラー作品では足を引っ張る人間が出るし、怪物を助ける人間が出ることさえある。
『シン・ゴジラ』のように国の総力を挙げて怪物に対峙する展開は理想的というよりも都合の良いものではないか。人間ドラマを薄くした『シン・ゴジラ』にリアリティーを感じる日本人が多かったが、逆に個々人の多様性を踏まえれば現実離れしていないか。『シン・ゴジラ』絶賛を見ると日本人は本質的に計画経済のようなものが好きなのではないかと感じてしまう。
それに比べると、本書は個のドラマである。現代を舞台とした作品よりも江戸時代を舞台とした作品に生々しい個を感じる。

2018年2月18日日曜日

芸能

マンション投資は抜け出すことのできない深みに消費者を落とします。何も知らされぬまま、何がどうなっているかも分からぬまま、ということが一番の問題です。
投資用マンションのたたずまいには、既に何物かが失われてしまった後の酷烈な悲劇の臭いがあった。

【書名】芸能/ゲイノウ/Public Entertainment
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

林田理沙アナがブラタモリのアシスタントに
トリンドル玲奈が慶応大学を卒業
モー娘。高橋愛が韓国ドラマ「アクシデント・カップル」吹き替え
モー娘。田中れいなは沖縄でも「はぶられいな」
元モーニング娘。紺野あさ美が女子アナ内定
紺野あさ美と高橋愛は交わらないライバル
肉体も精神も変わっていない中澤裕子
くら寿司とコラボするモーニング娘。の不運
元モー娘。紺野あさ美がシンポジウムで環境を語る
藤本美貴の焼肉店・美貴亭がグランドオープン
道重さゆみが2012年でモーニング娘。を辞めると宣言
ドリームモー娘。結成とモーニング娘。の方向性
モーニング娘。韓国人蔑視写真騒動の深層
韓流と嫌韓の間の矢口真里
EXILEのHIROとの真剣交際は上戸彩のイメージダウン
『エグザムライ戦国G』ヤンキーテイストはEXILEにプラスか
広末涼子再婚で、のりピー化の危惧
小林幸子の騒動は配偶者の口出しが原因
レディー・ガガは賃貸派
『キングオブコント2010』はキングオブコメディが王道で勝利
『キングオブコント2011』トリオの力でロバートが圧勝
『M-1グランプリ』に見るツッコミの衰退
『R-1ぐらんぷり2011』芸達者な佐久間一行が優勝
「悲しい告白劇ジョー」自慢気のないトリビア
柴田英嗣の復帰でアンタッチャブルは復活するか
『Hello, Again 〜昔からある場所〜』
『Spending all my time』
『genesis』メタルの枠内で収まらない味わい
同心円が新曲「very good song」発表
アマチュアバンドの祭典「木場ストック」
江東区民祭りでTo The Very Endが熱唱
To the Very Endが一夜限りの復活ライブ
東京ムジークフローが19世紀ロシア音楽を演奏
東京ムジークフロー2013新春特別演奏会
東京ムジークフロー第48回定期演奏会=東京・杉並
川畠成道ニューイヤーコンサートでヴィヴァルディをアレンジ
『オールライト』
江東区木場で春雨や風子独演会
ミクシィ年賀状が届いた
慶應連合三田会大会
新井麻希アナが連合三田会で見せたアナウンサー魂
慶応大学OBらがマハラジャで80年代に戻るダンパを開催
隣の家族は青く見える

2018年2月17日土曜日

地理2月号

『地理』2018年2月号は「ドローンの利活用と情報発信」をテーマとする。林野庁が国有林の上空のドローン飛行を禁止するなど行政の対応は問題がある。公有地は役所の私有地ではない。役所の気持ちで許可したり禁止したりして良いものではない。早川由起夫「ドローンによる低空撮影のすすめ」18頁は、これを権利の濫用と民法のアプローチで批判するが、それは私権の広範な制限を正当化しかねない。行政による公有財産の私物化の問題として批判すべきと考える。
印象に残った記事は、高橋裕「福島県の被災地にみるダークツーリズムの可能性(後編)」である。ここで筆者はダークツーリズムには楽しみのダークネスの視点が不可欠であり、それはダークツーリズム振興に有効と指摘する。
楽しみのダークネスは他人の苦難や死を楽しみたいという感覚である。被災者感情として到底受け入れられるものではない。しかし、楽しみのダークネスが人を惹き付けることはあり、それが教育や啓蒙の出発点になることもある。何より楽しみのダークネスを拒絶するならば横並びの観光開発と変わらなくなる(90頁)。
筆者の指摘は勇気あるものである。ダークツーリズムは比較的新しい言葉であるが、戦後の日本には相当するものが存在した。沖縄や広島などの戦災地への旅行である。これは楽しみのダークネスを排除し、戦争は悲惨、戦争を繰り返してはいけないという教育的メッセージを徹底する傾向がある。それでは同じ考えを持っている人が再確認する場になってしまうだろう。それで戦争の悲惨さを理解しない世代が増えていると批判されても、戦後昭和の価値観の継承者になるために生きている訳ではないと反発したくなる。楽しみのダークネスと向き合うことは大変なことであるが、意味のあることと感じた。

AKB48黄金時代

ドローンが実際の研究に使われている実態を紹介する。20世紀ではなく、21世紀に生きている。昭和の延長線上で物事を考えても合わなくなる。
但し、ドローン使用者は墜落や不時着などの失敗を何度も経験している。ドローンは安くなったとは言え、個人の買い物としては高価である。個人の趣味にするには、それなりの覚悟が要る。
ドローンを進める上では法規制が障害になる。しかし、土地所有者の立場としては自分が使用していない上空だから自由に飛行させろという要求は受け入れ難い。現実に墜落の危険がある。飛行機でさえ問題になる。米軍機の墜落事故が起きた。羽田空港増便に対して新たな飛行ルートになる住民から反対の声が出ている。

AKB48黄金時代の研究。
【書名】AKB48黄金時代/エーケービーフォーティーエイトオウゴンジダイ/Golden Age of AKB48
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

AKB48前田敦子がブログで見せた弱音に好感
AKB48「カチューシャ」PVで教師役の篠田麻里子の教育的センス
ブログ人気のAKB48柏木由紀は神7を超えるか
AKB48プロジェクト義援金にAKB商法への期待高まる
『さしこのくせに』前田敦子との対談でヘタレが空滑り
叶姉妹にパフパフしてもらう大島優子
AKB48前田敦子が高熱を押してMステで熱唱
『花ざかりの君たちへ』前田敦子がコミカルな俺女に
ドラマ共演のAKB48前田敦子と柏木由紀が急接近
AKB48メンバー愛用のファッション・ブランド
峯岸みなみ坊主はブラック企業と同じ
欅坂46のハロウィン衣装がナチス酷似
『AKB49 恋愛禁止条例』
『AKB49 恋愛禁止条例(5)』高橋みなみが恋する乙女に
『AKB49 恋愛禁止条例(6)』
『AKB49 恋愛禁止条例(8)』
『AKB49 恋愛禁止条例(9)』
アニメ『AKB0048』にみるAKB48の反メジャー性
『QuickJapan』100号、『AKB0048』特集でAKB48の本質論

2018年2月16日金曜日

ハードボイルドの電子書籍

ハードボイルド作品のレビュー。
【書名】ハードボイルド/Hard Boiled
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【出版社】江東住まい研究所/コウトウスマイケンキュウジョ/Koto House Laboratory

『白神の老殺し屋』
『光芒』
『街金王 池袋アンダーグラウンドの「光」と「闇」』
『ガンスミス』
『ジーザス』
『闇のイージス』
『ルサルカは還らない』
『ゴルゴ13 160』デューク東郷の両親の謎
『ゴルゴ13 161』秘密兵器の意外な正体
『ゴルゴ13 162』ノモンハン事件の一面を描く
『ゴルゴ13 163』
『ゴルゴ13 164』
『ゴルゴ13 165』
『ゴルゴ13 166』
『ゴルゴ13 167』
家族愛がテーマ『エンジェル・ハート 第27巻』
『エンジェル・ハート2ndシーズン 1』心温まるハードボイルド
『エンジェル・ハート2ndシーズン 3』
『エンジェル・ハート2ndシーズン 4』
『蒼天の拳』朋友への熱い思いで大団円
『風雲代議士剛腕秘書 大和の獅子』
『サンクチュアリ』
『太陽の黙示録 建国編 第1巻』戦後と重なる再建の物語
『羊の木』
『BLOOD 真剣師将人』第1巻、親の血筋による能力
『デストロイアンドレボリューション』ヤンキーへの怒り
『BANANA FISH』
『新 仮面ライダーSPIRITS』第4巻、往年のファンも納得のエピソード
市川海老蔵暴行事件は反社会的勢力との戦い
被害届出し渋りで底が見えた海老蔵事件の元暴走族
海老蔵バッシングの嘘で明らかになる六本木の闇
男になれなかった市川海老蔵
市川海老蔵暴行実刑判決は痛み分け
歌舞伎界は市川海老蔵を批判できるのか
日本人の謝罪の醜さ
危険ドラッグ事件が続発